30歳-35歳のエンジニアの平均年収

社内SEへの転職希望者が増える背景には、『仕事環境』『心の充実感』を求めている人が多いようですね。
ところで、一体社内SEお給料はどうなのだろうか?
一番、転職率が高い30代前半に焦点を当てて、システムエンジニアの平均年収を出してみました。

■システムエンジニアの職種 平均年収 残業代
(月額)
年収-
(残業×12ヶ月)
コンサルタント、アナリスト、プリセールス 650万円 6万円 578万円
ネットワーク設計・構築(LAN・Web系) 630万円 9万円 522万円
システム開発(ファームウェア・制御系)) 610万円 6万円 538万円
社内SE・社内情報システム 540万円 3.5万円 498万円
システム開発(Web・オープン系)) 530万円 5万円 470万円
システム開発(汎用機系) 520万円 5万円 460万円
テクニカルサポート・運用・監視 490万円 4.5万円 436万円

社内SEの給料は、エンジニア職の中ではほぼ中間。
やはり、残業代は他職種より少ないですね。
社内SEの職場は、労働時間が比較的安定しているという事が推測できます。


転職サービス
あなたのキャリアを登録して、相手からオファーが届くヘッドハンティング型の転職も可能。 「いつか転職・・・」と思っているなら、マイナビエージェントに登録して企業からのオファーを待ってみましょう。 元エンジニアで構成された専門キャリアアドバイザーが転職相談にのってくれます。
業界トップクラスの求人数を誇るDODA。ただその求人の約8割は非公開な為、DODAに登録しないと紹介してもらえません。 年収・勤務スタイルを含めた諸条件について、あなたの代理人として企業と交渉してくれます。
キャリアデザインセンターが運営するTypeの転職相談サービス。 無料であなたの現在の市場価値・年収相場を査定するサービスも実施しています。年収と仕事の質のバランスを考慮したアドバイスが売りです。

SEの転職事情と年齢制限

システムエンジニアの転職

SEに限らず、転職するならば若いに越した事はありません。
20代前半ならば、未経験の職種でも研修制度でフォローアップも可能だからです。

ただ、社内SEのように広範囲なスキル+業務経験が求められる職種は、30代後半・40代でも求人募集があります。

この点が、社内SEがシステムエンジニアの転職市場で人気職種になっている理由でもあるのでしょう。

社内SEの求人案件、社内SEが活躍している業種

現在、社内SEの求人数が一番多いのは金融業界。
銀行・証券会社・投資会社は、IT効率化が最も求められている業界です。 まだまだ日本の金融システムは、世界と比較してITシステム化が遅れています。 そのような業界では非常にニーズがあります。

そして、次に社内SEのニーズが多いのは、医療業界・製薬業界
比較的のんびりした会社が多く、ITのシステム化が経営の必須課題となっている会社が多いです。
また、業界全体的に給料が高いのも見逃せませんね。

さらに、流通業や小売業でも求人が多いです。
POSやCRMの導入は一巡した感がありますが、今後は各商品にICチップを導入してマーケティングを本格化させる企業が多いですね。


社内SEの活躍範囲は非常に広範囲です。
あなたの現在のスキルと転職希望条件がピッタリマッチした企業を探す為には、転職コンサルタントを利用するといいですよ。

登録して、転職コンサルタントに相談するのは無料です。
ただし、大手に登録してください。
社内SEの求人情報は、他業種にわたる為、リクルートのような大手人材会社でなければ情報を網羅できていないからです。

今すぐ転職しなくても、今後のあなたのキャリアプランを考える上でも、転職相談してみてください。

ページの先頭へ戻る